足掛かり・足掛り(読み)あしがかり

大辞林 第三版の解説

あしがかり【足掛かり・足掛り】

高い所へ登るときに、足を掛けるところ。足場。
物事をする時の手掛かりとなるもの。糸口。 「解決の-を得る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる