跡付(読み)あとづける

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐づ・ける【跡付】

〘他カ下一〙
① 物事の変化の跡をたどり、確かめる。追跡調査をする。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉一五「此懸け離れた二象面(フェーゼス)を、何うして同性質のものとして、其関係を迹付(アトヅ)ける事が出来よう」
② ある場所の跡を確かめる。
※島へ(1962)〈島尾敏雄〉「接岸して水路をあとづけながらゆれ進む船」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android