跡式相続・跡職相続(読み)あとしきそうぞく

精選版 日本国語大辞典の解説

あとしき‐そうぞく ‥サウゾク【跡式相続・跡職相続】

〘名〙 父や兄から家督、遺産を譲り受け、相続人となること。跡目相続。跡式。跡目。
浮世草子・本朝藤陰比事(1709)三「親子むつまじく愛礼を致し、跡職相続仕れと仰渡されければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android