コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

路上禁煙地区の過料徴収

1件 の用語解説(路上禁煙地区の過料徴収の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

路上禁煙地区の過料徴収

歩きたばこによるやけどや吸い殻のポイ捨て防止を目的に、東京都千代田区が徴収額2千円で02年11月に初めて導入した。徴収件数は今年5月末までに約2万5千件。定点観測している秋葉原では、路上の吸い殻数が激減した。名古屋市は05年3月、「安心・安全・快適条例」に基づき、4駅周辺の人通りの多い道路を禁煙地区に指定。市によると、政令指定市では、札幌、広島両市が過料として千円を徴収している。

(2006-06-24 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

路上禁煙地区の過料徴収の関連キーワード口付きタバコしけもく灰皿両切りタバコ歩きタバコ吸付けタバコタバコ税ぽい捨て巻タバコ大分市ポイ捨て等防止条例

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone