コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

路地状敷地

1件 の用語解説(路地状敷地の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

路地状敷地

建築基準法では建築物の敷地は道路に2m以上接していなければならない。(つまり道路に2m以上接していない土地には建物は建築できない)道路から奥まった 敷地はその敷地から最低2m幅で道路まで通路部分を確保する必要があり、その敷地と道路をつなぐ通路部分を「路地状部分」あるいは「敷地延長」といい、敷 地全体のことを「路地状敷地」「敷延」「旗ざお敷地」などという。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

路地状敷地の関連キーワード建築確認申請建築基準法建蔽率道路境界線建築物みなし道路接道義務公法上の規制建築基準法第8条(維持保全)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

路地状敷地の関連情報