コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跳ね・綽 はね

大辞林 第三版の解説

はね【跳ね・綽】

跳ねること。
泥などを跳ね上げること。また、その泥。 「 -が上がる」
芝居などで、その日の興行が終わること。打ち出し。 「日本でも昔猿若町さるわかまちの-には『大七』や『八百善』へ廻つて、食事したくをした如く/うづまき
(「綽」とも書く)囲碁で、相手の石の進行を抑えるような形で、相接する自分の石から斜めに打つ手。
物事の終わり。また、区切り。 「これを-に退いておくれ/洒落本・南遊記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

跳ね・綽の関連キーワード洒落本

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android