跼蹐・局蹐(読み)きょくせき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動タリ) (「詩経‐小雅・正月」に「謂天蓋高、不敢不一レ局、謂地蓋厚、不敢不一レ蹐」とあるのによる) =きょくてんせきち(跼天蹐地)
※文徳実録‐仁寿三年(853)五月戊午「助心性清直、不毀誉。朝庭之士為之跼蹐」
※江戸繁昌記(1832‐36)五「道甚だ狭くして纔かに二人を通すべし。遊客跼蹐、恰かも洞穴に入る」 〔後漢書‐循吏伝・秦彭〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android