コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踊り・躍り おどり

大辞林 第三版の解説

おどり【踊り・躍り】

〔動詞「おどる(踊・躍)」の連用形から〕
音楽に合わせて、おどること。ダンス。舞踊。舞踏。 《踊》 「 -を踊る」
日本の芸能では、跳躍の動作を主とし、まわりの楽器や歌に促されて動くのではなく、踊り手自身でリズムを作って踊る芸能をいう。中世末期の風流ふりゆう踊り以降、念仏踊り・田植え踊り・盆踊り・やや子踊りなど、近世に民間で盛んに行われた。 《踊》 → まい 〔俳句では、特に盆踊りをいう。[季]秋〕
「おどり歩」の略。 《踊》
「おどり字」の略。
「踊り食い」の略。
胸がどきどきすること。動悸。 「むねの-はまだやまず/浄瑠璃・扇八景」
ひよめき。泉門。おどりこ。 〔日葡〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報