コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踏まえ ふまえ

大辞林 第三版の解説

ふまえ【踏まえ】

〔動詞「踏まえる」の連用形から〕
よりどころ。根拠。
思案。分別。 「後先の-もなく/浄瑠璃・出世景清」
踏み台。 「とど-をして鴨居へ隠す/歌舞伎・散書恋文章」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

踏まえの関連キーワード再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度埼玉りそな銀行の中期経営計画見直し緊急時防護措置準備区域(UPZ)ウォルター・G. ランシマン部活動のガイドラインづくり衆議院議員選挙区画定審議会コンシューマー・インサイトトロント大G8研究グループアブサロム、アブサロム!法隆寺金堂壁画の総合調査新たな防衛計画の大綱高年齢者雇用安定法奈良医師宅放火殺人時のアセスメント精神保健・福祉法ナツェラットの男アレイクサンドレ県の5カ年計画地方制度調査会国連人権理事会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

踏まえの関連情報