踏み台・踏台(読み)ふみだい

大辞林 第三版の解説

ふみだい【踏み台・踏台】

高い所の物を取ったり、高い所に上るために乗る台。ふみつぎ。あしつぎ。
目的をとげるための足掛かりとして利用するもの。 「人を-にしてのしあがろうとする」
管理者の知らないうちに第三者に侵入され、不正アクセスや迷惑メール送信などの中継に利用されるコンピューター。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android