コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹲・踞 うずくまる

大辞林 第三版の解説

うずくまる【蹲・踞】

古信楽こしがらき・古伊賀、近くは越前古窯・古丹波などの小壺こつぼで、人が蹲うずくまったような形をしているもの。元来は農家の日用品だったが、茶人の好みで掛け花入れに使われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蹲・踞の関連情報