コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹲・踞 うずくまる

大辞林 第三版の解説

うずくまる【蹲・踞】

古信楽こしがらき・古伊賀、近くは越前古窯・古丹波などの小壺こつぼで、人が蹲うずくまったような形をしているもの。元来は農家の日用品だったが、茶人の好みで掛け花入れに使われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蹲・踞の関連キーワード古丹波日用品茶人

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android