コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

躙り口・躪り口(読み)にじりぐち

大辞林 第三版の解説

にじりぐち【躙り口・躪り口】

茶室の客の出入り口。小間特有のもので、高さ65センチメートル、幅60センチメートルほど。狭いので膝ひざでにじり込むことからいう。にじりあがり。にじり。くぐりぐち。くぐり。 → 貴人口きにんぐち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる