コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身に沁みる みにしみる

大辞林 第三版の解説

みにしみる【身に沁みる】

深く感ずる。しみじみ感銘する。 「人の情けが-・みる」
(俳句では「身に入む」と書く)秋の冷気が痛切に感じられる。 [季] 秋。 《 身にしむや亡妻の櫛を閨に踏む /蕪村 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報