コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車いすダンス くるまいすだんすwheelchair dance

2件 の用語解説(車いすダンスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

車いすダンス

1950年代後半に英国で誕生。当初は車いす使用者同士で踊るデュオスタイルが中心だった。後に車いす使用者と立位のパートナーが一緒に踊るコンビスタイルが考案され、各国に普及。競技はこの型で行われる。競技は、障害の重いクラス1と比較的軽いクラス2に分かれている。国際大会では、スタンダード部門及びラテン部門(各5種目)ごとに競われる。2006年10月にはパペンダル(オランダ)で第4回世界車いすダンススポーツ選手権大会が行われる。このほかにも創作ダンス、ジャズダンス、新体操などがある。

(藤田紀昭 日本福祉大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

車いすダンス

英国で約60年前に誕生。当初は車いす同士で踊っていたが、ドイツで健常者と障害者が一緒に踊る方式が生まれ普及した。日本での歴史は20年に満たないスピード感や音楽的な表現力、ステップの美しさ、コンビの調和力などを競う。

(2008-12-13 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

車いすダンスの関連キーワード冤罪現代資本主義中南米映画人口爆発日野TH10型トラックATG国勢調査社史新日本文学女性団体

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

車いすダンスの関連情報