コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車いすラグビー

1件 の用語解説(車いすラグビーの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

車いすラグビー

両手足に障害のある選手が4対4で試合を行う。選手は障害の程度によって持ち点が0・5~3・5の7段階に分けられ、障害が軽いほど持ち点が高い。コート上の4人の持ち点の合計を8点以内としなければならない。 コートの大きさはバスケットボールと同じ。ボールを持った選手がゴールラインを超えると得点になる。ボールを持つと、10秒以内にドリブルかパスをしなければならない。前方へのパスも認められる。車いす同士のタックルが認められているが、タイヤの中心より後ろへのタックルで相手選手がバランスを失ったり、転倒したりした場合は反則になる。

(2016-01-10 朝日新聞 朝刊 高知全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

車いすラグビーの関連情報