コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車引・車曳 くるまびき

大辞林 第三版の解説

くるまびき【車引・車曳】

義太夫節「菅原伝授手習鑑」の三段目口の通称。菅丞相かんしようじよう方の梅王丸、桜丸と時平しへい方の松王丸が、時平の乗った御所車を引きあう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

車引・車曳の関連キーワード菅原伝授手習鑑義太夫節梅王丸御所車松王丸桜丸

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android