コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車高と空気の流れ

1件 の用語解説(車高と空気の流れの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

車高と空気の流れ

1987年のロータス車が着けたアクティブサスペンションは、コンピューター制御で、車速や車の姿勢に応じてサスペンションを調整し、車の底と路面の間の空気の流れを常に理想的な状態に保つシステムだった。車高が低くなると車体と路面の間の断面積は狭くなり、空気は速く流れて圧力が低下する。車体は路面に吸い寄せられ、タイヤグリップ力が増す。コーナーを速く走る効果をねらって開発した。市販車は車高が高く、この効果は薄い。市販車用アクティブサスペンションは4輪を別々に調整して路面の凹凸を相殺し、乗り心地を向上させるシステム。

(2012-05-15 朝日新聞 朝刊 愛知全県 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

車高と空気の流れの関連キーワード竹下登内閣横山めぐみMAGUMIマンガ日本経済入門朝鮮映画バブル経済横浜事件シェール多段階記述様式倉俣史朗

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone