コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車高と空気の流れ

1件 の用語解説(車高と空気の流れの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

車高と空気の流れ

1987年のロータス車が着けたアクティブサスペンションは、コンピューター制御で、車速や車の姿勢に応じてサスペンションを調整し、車の底と路面の間の空気の流れを常に理想的な状態に保つシステムだった。車高が低くなると車体と路面の間の断面積は狭くなり、空気は速く流れて圧力が低下する。車体は路面に吸い寄せられ、タイヤグリップ力が増す。コーナーを速く走る効果をねらって開発した。市販車は車高が高く、この効果は薄い。市販車用アクティブサスペンションは4輪を別々に調整して路面の凹凸を相殺し、乗り心地を向上させるシステム。

(2012-05-15 朝日新聞 朝刊 愛知全県 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

車高と空気の流れの関連キーワードアクティブセルインアクティブウィンドウアクティブ型RFIDタグアクティブ型ICタグセミアクティブ型RFIDタグセミアクティブ型ICタグ非アクティブウインドーアクティブシニアの日プロアクティブの日アクティブダイバー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone