コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軋る・轢る(読み)きしる

大辞林 第三版の解説

きしる【軋る・轢る】

( 動五[四] )
〔「きし」の動詞化〕
固い物がこすれ合って強くきいきいと音を立てる。きしませる。 「荷車の-・る音」 「暁、氷を-・る車のあと/平家 3
触れ合うばかりに近づける。 「社はいらかを並べ、廻廊軒を-・れり/撰集抄 7
音を立てて、かじる。 「夜毎に鼠が-・りけるが/咄本・昨日は今日」 〔「きしむ」に対する他動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android