軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)

米国が軍事秘密の漏洩(ろうえい)防止のために、北大西洋条約機構(NATO)加盟の欧州各国や韓国、イスラエルなどの六十数カ国と結んでいる協定。情報の種類別にアクセスできる人を限定したり、書類、写真、録音、電算情報などの形態ごとに保管方法をルール化したりする。装備品の技術情報のほか、訓練情報、作戦情報などのあらゆる軍事情報が対象になる。

(2007-05-02 朝日新聞 朝刊 1総合)

軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)

軍事秘密の漏出防止のための協定。秘密保全の対象は締結国の協議によるが、軍事技術に限らず、研究開発、訓練情報、作戦情報に及ぶ場合もある。情報を管理する人や情報にアクセスできる人、保管の方法などについても定める。

(2012-11-09 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の関連情報