コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)

2件 の用語解説(軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)

米国が軍事秘密の漏洩(ろうえい)防止のために、北大西洋条約機構(NATO)加盟の欧州各国や韓国、イスラエルなどの六十数カ国と結んでいる協定。情報の種類別にアクセスできる人を限定したり、書類、写真、録音、電算情報などの形態ごとに保管方法をルール化したりする。装備品の技術情報のほか、訓練情報、作戦情報などのあらゆる軍事情報が対象になる。

(2007-05-02 朝日新聞 朝刊 1総合)

軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)

軍事秘密の漏出防止のための協定。秘密保全の対象は締結国の協議によるが、軍事技術に限らず、研究開発、訓練情報、作戦情報に及ぶ場合もある。情報を管理する人や情報にアクセスできる人、保管の方法などについても定める。

(2012-11-09 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の関連キーワード秘法機密秘鍵軍事機密防衛秘密漏洩漏洩保険漏示軍事情報一般保全協定(GSOMIA=ジーソミア)国防保安法秘密保護法機密軍事機密秘密保持契約秘密裏軍事情報一般保全協定(GSOMIA=ジーソミア)軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)秘密保全法制機密保護

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone