コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍医学校跡地の人骨

1件 の用語解説(軍医学校跡地の人骨の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

軍医学校跡地の人骨

1989年、現在の国立感染症研究所の建設工事中、地下約2メートルから頭蓋骨(ずがいこつ)や大腿骨(だいたいこつ)など大量の人骨が掘り出された。新宿区が専門家に鑑定を依頼した結果、「日本人とは異質とみられる骨」「ドリル、のこぎりによる加工の跡」があることがわかった。厚労省は軍医学校関係者ら368人に聞き取り調査やアンケートを実施。2001年、人骨は軍医学校にあった標本や医学教育用に集められた死体の一部との見解を示し、明治期以降に戦場から集められた戦死者が含まれていた可能性があるとした。調査に対して、「七三一部隊から送られてきたもの」との回答も一部あったが、「七三一部隊との関連は明らかにできなかった」と結論づけた。

(2011-01-06 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軍医学校跡地の人骨の関連キーワードはしか国立感染症研究所指定感染症NIAID積極的疫学調査東京国立文化財研究所米国立アレルギー感染症研究所インフルエンザの定点調査大谷明永井美之

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軍医学校跡地の人骨の関連情報