コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍医学校跡地の人骨

1件 の用語解説(軍医学校跡地の人骨の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

軍医学校跡地の人骨

1989年、現在の国立感染症研究所の建設工事中、地下約2メートルから頭蓋骨(ずがいこつ)や大腿骨(だいたいこつ)など大量の人骨が掘り出された。新宿区が専門家に鑑定を依頼した結果、「日本人とは異質とみられる骨」「ドリル、のこぎりによる加工の跡」があることがわかった。厚労省は軍医学校関係者ら368人に聞き取り調査やアンケートを実施。2001年、人骨は軍医学校にあった標本や医学教育用に集められた死体の一部との見解を示し、明治期以降に戦場から集められた戦死者が含まれていた可能性があるとした。調査に対して、「七三一部隊から送られてきたもの」との回答も一部あったが、「七三一部隊との関連は明らかにできなかった」と結論づけた。

(2011-01-06 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

軍医学校跡地の人骨の関連キーワードレーザレーダ追突警報装置熔結凝灰岩濱田万葉里見☆しのぶ平成金星探査機台湾映画竹下登内閣地理教育天安門事件

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軍医学校跡地の人骨の関連情報