コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軒忍・軒荵・簷荵 のきしのぶ

大辞林 第三版の解説

のきしのぶ【軒忍・軒荵・簷荵】

ウラボシ科の常緑性シダ植物。低山の樹幹・岩上や屋根などに生える。葉は長い根茎上に密に単生し、広線形でやや厚く硬く、深緑色。裏面の中脈の両側に円形の胞子囊ほうしのう群が並ぶ。ヤツメラン。
釣り忍 」に同じ。 〔「簷荵」とも書く〕 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

軒忍・軒荵・簷荵の関連キーワードウラボシ科ヤツメラン低山胞子樹幹

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android