転・倒(読み)こかす

精選版 日本国語大辞典の解説

こか・す【転・倒】

[1] 〘他サ四〙
① たおす。よこにする。ころがす。
※観智院本名義抄(1241)「擿 ナグ ウツ コカス」
② (女を寝かせるの意から) 女をものにする。
※洒落本・箱まくら(1822)上「此鶴松をやすふこかさふと思ひ」
③ 人や物を他の場所に移す。動かす。また、どこかに隠す。
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)四「玉はどっちへこかしおった。ぬかせぬかせと掴(つかみ)付く」
※土(1910)〈長塚節〉二七「軽く成った掛蒲団を足の先で裾の方へこかして」
④ 相手をこちらの術中におとしいれる。だます。一杯食わせる。また、くすねる。
※評判記・赤烏帽子(1663)山本金作「奴とおやぢの巧にて施主こかさんとせられしを」
※俳諧・続猿蓑(1698)旅「鼠ども出立(でたち)の芋をこかしけり〈丈草〉」
[2] 〘接尾〙 (四段型活用) 動詞の連用形に付いてその意を強める。すっかり…する。さんざんに…する。
※浮世草子・沖津白波(1702)五「田畠さらりと売こかし」
[補注]自動詞コクの他動詞形。「観智院本名義抄」の「擿」にはコクとコカスの両訓がある。

こ・く【転・倒】

〘自カ下二〙 ⇒こける(転)

こ・ける【転・倒】

〘自カ下一〙 こ・く 〘自カ下二〙
① 倒れる。ころがる。ころぶ。すべる。
※御伽草子・弁慶物語(室町時代小説集所収)(室町末)「河原を走ればおのづから石車に乗りてこけたるは」
② それる。はずれる。
※雑俳・川柳評万句合‐明和七(1770)礼三「又今日もこけたそうだと諷の師」
③ 下の方へ滑り移る。ころげ落ちる。
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)三「底には大石(たいせき)ながれこけて、若(もし)も渡りかかる人は、足をうたれ」
④ ある人に心が傾く。ほれる。恋慕する。
※評判記・色道大鏡(1678)一「こくる 是もほるる心なり。〈略〉是は物を立置て引に、我おもふやうにこなたへこくるやうの心なり」
⑤ ある物事に心が向かう。ある傾向の態度をとる。
※絅斎先生敬斎箴講義(17C末‐18C初)「斯(かふ)したことなれば、斯心を得るやうにせうと云方へこけてゆきたがる」
⑥ 芸妓などが男に身を許す。
※洒落本・箱まくら(1822)上「なんぼ、わたしがやうな芸子でも、さふ安ふはこけぬわへ」
⑦ 芝居が当たらなくて客の入りがわるい。じて、ものごとが失敗する。
※二篇おどけむりもんどう(1818‐30頃か)「立ってある芝居をこけたとはいかに、歯もいらずにかぶりつきといふがごとし」
⑧ (「こげる」とも) 悲境、不遇零落の生活をすることをいう隠語。〔特殊語百科辞典(1931)〕
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉二「冗談言うない。いくらコゲ(零落)たって、スケコマシ(女を売り飛ばす)をするような俺じゃねえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android