コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軸組み構造 じくぐみこうぞう

1件 の用語解説(軸組み構造の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

じくぐみこうぞう【軸組み構造】

柱・梁(はり)・桁(けた)・筋交(すじか)いなど、棒状の部材を組み合わせて荷重を支える構造。木造や鉄骨造の建築に用いる。壁の数や面積または配置に制約されることがないため設計の自由度が高く、窓などの開口部も大きくとれるなどの利点がある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軸組み構造の関連キーワード軸組筋交い・筋違い筋交ふ・筋違ふ筋違い横筋交い・横筋違い錯ふ筋違ふ筋違へ筋交い

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軸組み構造の関連情報