コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽太子・軽大郎女 かるのみこかるのおおいらつめ

1件 の用語解説(軽太子・軽大郎女の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かるのみこかるのおおいらつめ【軽太子・軽大郎女】

記紀の允恭(いんぎよう)天皇条に兄妹で相姦したと伝えられる皇子・皇女。《古事記》によれば,允恭天皇の死後即位予定者である軽太子が同母妹軽大郎女と通じたため,天下の人心は軽太子を離れて弟の穴穂(あなほ)皇子になびいた。両皇子とも兵をおこし一戦におよぶが,軽太子は捕らえられて伊予の湯(道後温泉)に流される。そのさい,この兄妹は〈天飛ぶ鳥も使ぞ鶴(たづ)が音(ね)の聞えむ時は我が名問はさね〉〈夏草のあひねの浜の蠣(かき)貝に足踏ますなあかして通れ〉と歌い交わした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

軽太子・軽大郎女の関連キーワード允恭天皇記紀歌謡稜威言別記紀偽葉儀容兄妹右様技癢多湖岐陽

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone