軽度・中等度難聴児

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

軽度・中等度難聴児

ささやき声を聞き取りにくい程度の聴力30デシベル以上の場合を軽度難聴、大きな声なら聞こえる聴力50デシベル以上の場合を中等度難聴という。障害者手帳の交付対象は両耳で同70デシベル以上。子どもでは、赤ちゃんの頃にわかる先天的なものと徐々に聞こえが悪くなる進行性があり、合わせて1千人に2~3人程度とされている。

(2018-09-12 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軽度・中等度難聴児の関連情報