コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽油と軽油引取税

1件 の用語解説(軽油と軽油引取税の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

軽油と軽油引取税

軽油は主にディーゼルエンジンを載せたバスやトラック、船の燃料として使われる。大手自動車メーカーなどによると、灯油やA重油などを混ぜても、車は走る。ただ、それぞれの油は粘度が異なるため、混合した軽油は不完全燃焼を起こしやすく、エンジン内部で焼き付きを起こしたり、目詰まりしたりする。大気汚染の原因にもなるという。軽油引取税は消費者が軽油を買う時の代金に含まれ、県に登録した業者が毎月、県に納める。県の軽油引取税収入は年間50億~60億円で、県税収入の約5%を占める。

(2014-09-11 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軽油と軽油引取税の関連キーワードカミンズ・エンジンディーゼルカーいすゞD920型ディーゼルエンジンイーゼルディーゼルエンジンディーゼル排気微粒子低速ディーゼルエンジン2サイクルディーゼルエンジン予燃焼室式ディーゼルエンジン4サイクルディーゼルエンジン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone