コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽衫・軽袗 カルサン

大辞林 第三版の解説

カルサン【軽衫・軽袗】

はかまの一。中世末、来日したポルトガル人がはいていたものに似せて、筒を太く、裾口を狭くしたもの。江戸時代、武士の旅装や大工などの仕事着として用いられた。
上部をゆるやかに、下部を股引ももひきのように仕立てた山袴。が農山村に広がり労働着となったもの。裁着たつつけ・裾細類を呼ぶこともある。 〔「軽衫」 「軽袗」とも書く〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android