軽衫・軽袗(読み)カルサン

大辞林 第三版の解説

カルサン【軽衫・軽袗】

はかまの一。中世末、来日したポルトガル人がはいていたものに似せて、筒を太く、裾口を狭くしたもの。江戸時代、武士の旅装や大工などの仕事着として用いられた。
上部をゆるやかに、下部を股引ももひきのように仕立てた山袴。が農山村に広がり労働着となったもの。裁着たつつけ・裾細類を呼ぶこともある。 〔「軽衫」 「軽袗」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android