コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽賤・軽賎 きょうせん

2件 の用語解説(軽賤・軽賎の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きょうせん【軽賤・軽賎】

( 名 ・形動ナリ )
〔「きょう」は呉音〕
見くだし、馬鹿にすること。軽蔑。けいせん。 「もし三宝の勝縁、三密の行儀をも-せば/雑談 1
取るに足らないつまらない・こと(さま)。けいせん。 「薄紙払底の間、反古ほごを用ふる所なり。更に-の儀に非ず/庭訓往来」

けいせん【軽賤・軽賎】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
人を軽んじいやしめること。また身分などが軽くいやしいさま。きょうせん。 「 -の身」 「人ヲ-ニ扱ウ/日葡」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone