コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輝く・耀く・赫く かがやく

大辞林 第三版の解説

かがやく【輝く・耀く・赫く】

( 動五[四] )
〔近世初期まで「かかやく」〕
それ自体が強い光を出したり、他から強い光を受けたりして、まぶしい光をはなつ。 「ギラギラ-・く真夏の太陽」 「ロビーにはシャンデリアが-・いている」 「夕日に-・く海」
生き生きとした様子・態度をみなぎらせる。 「生徒たちの目は-・いていた」 「彼女の顔は喜びに-・いた」
名誉・名声などを得て光っているようにみえる。 「優勝の栄誉に-・く」 「総理大臣賞に-・く発明」
強い光のため目がちかちかする。 「目も-・き惑ひ給ふ/源氏 鈴虫
恥ずかしがる。てれる。 「女、扇を以て顔にさしかくして-・くを/今昔 27」 〔動詞の「輝く」は強い光が連続的に出る場合をいう。これに対して「煌きらめく」は一定の明るさではなく、強弱の変化を細かく繰り返す(きらきらする)ような光り方で、明るさも「輝く」よりは弱い場合をいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android