コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輦台・蓮台 れんだい

大辞林 第三版の解説

れんだい【輦台・蓮台】

江戸時代、人を乗せて川を渡るのに用いた道具。人を乗せる板に二本の棒をつけて四人でかつぐ平輦台、大名などを駕籠かごのままのせ、四本のにない棒を一六~二〇人の人足がかつぐ大高欄など種々のものがあった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

輦台・蓮台の関連キーワード江戸時代人足大名

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android