コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪王寺宮守澄入道親王

美術人名辞典の解説

輪王寺宮守澄入道親王

後水尾天皇第六皇子。初代輪王寺宮門跡。幼称は今宮、諱は幸教。正保元年親王宣下、同年青蓮院に入室し、得度して法諱を尊敬、のち守澄と称した。日光山門主の後、寛永寺門主となり、天台座主に任じられる。明暦元年後水尾天皇から輪王寺の号をその門室に賜わった。延宝8年(1680)薨去、47才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

輪王寺宮守澄入道親王の関連キーワード輪王寺宮天真法親王

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android