コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

轆轤・絞車 ろくろ

大辞林 第三版の解説

ろくろ【轆轤・絞車】

回転運動を利用する装置の総称。
陶磁器成形用の旋盤。回転する盤上に陶土を置いて、旋回させながら成形するもの。轆轤台。
「轆轤鉋ろくろがんな」の略。
重い物などを引いたり上げたりするのに用いる滑車。万力。
井戸の上部の横木に取り付け、縄をかけて釣瓶つるべを上下させる滑車。
(「絞車」とも書く)大型和船の艫ともやぐらの内部に付けて、帆・荷物・碇いかりなどの上げ下ろしに用いる船具。
唐傘の中央の部分で、骨を束ねている所。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

轆轤・絞車の関連キーワード轆轤台唐傘

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android