轟ノ滝(読み)とどろきのたき

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕轟ノ滝(とどろきのたき)


徳島県南部、海部(かいふ)川支流の王余魚谷(かれいだに)川にかかる滝。落差は推定で58mという。本滝のほか周辺には大小の滝が点在し、轟九十九(くじゅうく)滝の名で「日本の滝百選」に選定。近くに轟神社の摂社・本瀧(ほんたき)神社があり、祭りの日には御輿(みこし)の滝壷(たきつぼ)入り神事が行われる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android