コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

轟ノ滝 とどろきのたき

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕轟ノ滝(とどろきのたき)


徳島県南部、海部(かいふ)川支流の王余魚谷(かれいだに)川にかかる滝。落差は推定で58mという。本滝のほか周辺には大小の滝が点在し、轟九十九(くじゅうく)滝の名で「日本の滝百選」に選定。近くに轟神社の摂社・本瀧(ほんたき)神社があり、祭りの日には御輿(みこし)の滝壷(たきつぼ)入り神事が行われる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

轟ノ滝の関連キーワード轟九十九滝多良岳海陽町海部川海南選定大小御輿支流落差摂社

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android