轟 夕起子(読み)トドロキ ユキコ

20世紀日本人名事典の解説

轟 夕起子
トドロキ ユキコ

昭和期の女優



生年
大正6(1917)年9月11日

没年
昭和42(1967)年5月11日

出生地
東京市麻布区(現・東京都港区)

本名
西山 都留子

学歴〔年〕
京都第二高女中退,宝塚音楽歌劇学校卒

経歴
昭和6年宝塚少女歌劇団に入り、7年に初舞台。娘役で主演し12年「チョコレート中尉」を最後に退団、日活に入社。「宮本武蔵」のお通、「美しき鷹」、内田吐夢監督の「限りなき前進」などで好演。13年田坂具隆監督の「爆音」、15年尾崎一雄原作・島耕二監督の「暢気眼鏡」で人気を得た。続いて18年マキノ雅弘監督の「ハナコさん」、黒沢明監督の処女作姿三四郎」に出演。戦後は23年にマキノの「肉体の門」、25年阿部豊監督の「細雪」、38年から高橋英樹と共演の「男の紋章」シリーズで女親分を演じた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

轟 夕起子
トドロキ ユキコ


職業
女優

本名
西山 都留子

生年月日
大正6年 9月11日

出生地
東京市 麻布区(東京都 港区)

学歴
京都第二高女中退,宝塚音楽歌劇学校卒

経歴
昭和6年宝塚少女歌劇団に入り、7年に初舞台。娘役で主演し12年「チョコレート中尉」を最後に退団、日活に入社。「宮本武蔵」のお通、「美しき鷹」、内田吐夢監督の「限りなき前進」などで好演。13年田坂具隆監督の「爆音」、15年尾崎一雄原作・島耕二監督の「暢気眼鏡」で人気を得た。続いて18年マキノ雅弘監督の「ハナコさん」、黒沢明監督の処女作「姿三四郎」に出演。戦後は23年にマキノの「肉体の門」、25年阿部豊監督の「細雪」、38年から高橋英樹と共演の「男の紋章」シリーズで女親分を演じた。この間、マキノ雅弘(のち雅広)、島耕二と結婚したが2度とも離婚した。

没年月日
昭和42年 5月11日 (1967年)

家族
息子=マキノ 正幸(沖縄アクターズスクール校長)

伝記
昭和十二年の「週刊文春」 菊池 信平 編(発行元 文芸春秋 ’07発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

轟 夕起子 (とどろき ゆきこ)

生年月日:1917年9月11日
昭和時代の女優
1967年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android