コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辛亥(しんがい)革命

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

辛亥(しんがい)革命

1900年の義和団事件後、漢民族の知識層は武力革命によって満州族による清朝を倒すことが、国家を救済する道であるとの考えを強めた。こうした革命団体は1905年8月、東京で「中国同盟会」を発足させ、しばしば中国の各地で軍事行動を試みる。1911年10月10日、中国同盟会の影響下にある武昌の軍隊の一部が蜂起。これが長江以南の各地にまたたく間に拡大し、革命派は南京に臨時政府を樹立。1912年1月1日、孫文を臨時大総統に選び、革命政府が成立し、国号を中華民国と定めた。一方、朝側は引退中の袁世凱を起用し、革命軍の鎮圧を狙った。しかし、袁世凱はイギリスの調停による和平を画策し、2月12日に清朝の宣統帝を退位させることに成功。3月10日には袁世凱は、孫文に代わって臨時大総統に就任した。1911年は旧暦で「辛亥の年」にあたるため、こう呼ぶ。

(2007-10-01 朝日新聞 朝刊 東特集A)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辛亥(しんがい)革命の関連情報