コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辛亥(しんがい)革命

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

辛亥(しんがい)革命

1900年の義和団事件後、漢民族の知識層は武力革命によって満州族による清朝を倒すことが、国家を救済する道であるとの考えを強めた。こうした革命団体は1905年8月、東京で「中国同盟会」を発足させ、しばしば中国の各地で軍事行動を試みる。1911年10月10日、中国同盟会の影響下にある武昌の軍隊の一部が蜂起。これが長江以南の各地にまたたく間に拡大し、革命派は南京に臨時政府を樹立。1912年1月1日、孫文を臨時大総統に選び、革命政府が成立し、国号を中華民国と定めた。一方、朝側は引退中の袁世凱を起用し、革命軍の鎮圧を狙った。しかし、袁世凱はイギリスの調停による和平を画策し、2月12日に清朝の宣統帝を退位させることに成功。3月10日には袁世凱は、孫文に代わって臨時大総統に就任した。1911年は旧暦で「辛亥の年」にあたるため、こう呼ぶ。

(2007-10-01 朝日新聞 朝刊 東特集A)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

辛亥(しんがい)革命の関連キーワード梅屋庄吉(1868~1934)と孫文(1866~1925)ウィラード・D. ストレート国父史蹟紀念館国民革命忠烈祠愛新覚羅溥儀角田 宏顕浦上 正孝山中峯太郎ストレート醇親王載灃梅屋庄吉保路運動四川暴動第二革命五族共和柯劭びん内田良平北洋軍閥清稗類鈔王道の狗

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辛亥(しんがい)革命の関連情報