コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辛亥革命と孫文

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

辛亥革命と孫文

干支(えと)で辛亥(かのとい)の年にあたる1911年の10月10日に起きた武昌(中国湖北省武漢)での蜂起をきっかけに、中華民国が成立し、清朝が倒れた。革命を主導した孫文(1866~1925)は武昌蜂起の時は米国滞在中だったが、帰国して臨時大総統に迎えられた。その後、孫文は袁世凱と対立して逃れ、広州に政権を樹立。国民党を創立し、共産党との協力を打ち出した。孫文死去後に蒋介石らが国民党による統一政権を打ち立てたが、国共内戦の末、共産党が49年に中華人民共和国を建国。国民党政権は台湾に逃れた。

(2011-09-29 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android