辰口[町](読み)たつのくち

百科事典マイペディアの解説

辰口[町]【たつのくち】

石川県南部,能美(のみ)郡の旧町。手取(てどり)川下流左岸の低地丘陵を占め,米作が盛んで,絹・人絹織物業も行われる。近年は,先端産業の立地が進んでいる。辰ノ口温泉は江戸時代から知られ,含食塩ボウ硝泉,26〜48℃。2005年2月能美郡根上町,寺井町と合併し市制能美市となる。57.13km2。1万4202人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たつのくち【辰口[町]】

石川県南部,能美郡の町。人口1万3113(1995)。手取川南岸に位置し,北部に手取川扇状地の扇頂部が開けるが,南部には能美山地に属する丘陵が広く分布する。主産業は織物を中心とする繊維工業で,加賀産業開発道路の開通とともに発展した。九谷焼の窯業,土石製品製造業,鉄鉱業なども行われる。北部の手取川沿いの低地は早場米の産地で,中央部の丘陵地には県営放牧場がある。江戸時代に開かれた辰口温泉(食塩泉,26~48℃)はおもに関西からの湯治客でにぎわう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android