コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農地の大規模化

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

農地の大規模化

日本の農地が細分化した要因は戦後の農地改革にある。小作農家に194万ヘクタールの農地が安値で切り売りされ、多くの零細農家が誕生した。現在の販売農家の平均農地は2ヘクタール。農林水産省の統計(2010年)では、コメ農家の農業所得は1ヘクタール未満で赤字、1~2ヘクタールで49万円、2~3ヘクタールで109万円にとどまる。政府は昨年10月、平地で20~30ヘクタール、中山間地で10~20ヘクタールの大規模経営を実現していく方針を打ち出した。

(2012-03-23 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

農地の大規模化の関連キーワード農地バンク

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農地の大規模化の関連情報