コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農地の大規模化

1件 の用語解説(農地の大規模化の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

農地の大規模化

日本の農地が細分化した要因は戦後の農地改革にある。小作農家に194万ヘクタールの農地が安値で切り売りされ、多くの零細農家が誕生した。現在の販売農家の平均農地は2ヘクタール。農林水産省の統計(2010年)では、コメ農家の農業所得は1ヘクタール未満で赤字、1~2ヘクタールで49万円、2~3ヘクタールで109万円にとどまる。政府は昨年10月、平地で20~30ヘクタール、中山間地で10~20ヘクタールの大規模経営を実現していく方針を打ち出した。

(2012-03-23 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農地の大規模化の関連キーワード小作権農地委員会寄生地主土地改良法特定遊休農地農地の利用集積面積国有農地と開拓財産09年の農地法改正大和田啓気ラデジンスキー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農地の大規模化の関連情報