コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農林業系汚染廃棄物の焼却施設

1件 の用語解説(農林業系汚染廃棄物の焼却施設の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

農林業系汚染廃棄物の焼却施設

原発事故で放出された放射性セシウムに汚染された牛糞堆肥などを焼却し廃棄量を減らすための施設。焼却後の灰は旧警戒区域内の民間処分場などに運ぶ予定。放射性物質汚染対処特措法で、1キログラム当たり8千ベクレル超の「指定廃棄物」は環境省が、それ以下は一般廃棄物として市町村などが焼却・埋め立て処理することになっているが、自治体での処理は住民の理解が得られにくいことなどから、環境省が指定廃棄物と合わせた処理を計画した。

(2013-11-30 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林業系汚染廃棄物の焼却施設の関連キーワード放射性物質残留放射性物質除染特別地域甲状腺がんと放射性ヨウ素コメの放射性セシウム検査テルルと銀放射性セシウム汚染稲わら牛問題福島第一原発の放射能汚染水原発事故に伴う畜産農家への国の支援金

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone