コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業用無人ヘリコプター

1件 の用語解説(農業用無人ヘリコプターの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

農業用無人ヘリコプター

20年ほど前から普及し、農林水産省などによると、昨年度の登録機数は約2300毅農薬などの散布面積は全国約96万ヘクタールで、02年度の2倍以上という。ヘリは上空3~4メートル前後を飛び、回転部分のローターは直径約3メートルで、薬剤などを積むと重さは100キロ近い。価格は1千万円前後。操縦には、農林水産航空協会が指定したメーカーなどの教習施設で訓練を受け、技能認定証を取らなければならない。

(2011-11-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農業用無人ヘリコプターの関連キーワード水産庁農商務省農林水産省農林省農林水産大臣国蚕糸マリンビーフ農林水産物の輸出促進農林水産物輸出戦略並木正吉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農業用無人ヘリコプターの関連情報