コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農産物の自由化

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

農産物の自由化

日米交渉により、1991年度に牛肉オレンジの輸入枠を撤廃して関税化した。関税率は段階的に引き下げられ、現在は牛肉38・5%、オレンジは季節によって16~32%に変動する。サクランボは77年度に米国産を輸入解禁。92年度には国産に影響がでないよう設けていた輸入期間の制限もなくした。関税率は8・5%。

(2012-03-22 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

農産物の自由化の関連キーワードオレンジ果汁自由化農業機械工業農村活性化日米交渉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農産物の自由化の関連情報