辻 利右衛門(読み)ツジ リエモン

20世紀日本人名事典の解説

辻 利右衛門
ツジ リエモン

明治〜昭和期の宇治茶製造業者



生年
天保15年5月24日(1844年)

没年
昭和3(1928)年1月8日

出生地
山城国宇治(京都府)

経歴
生地山城(京都府)宇治で茶業を営む。宇治茶の製茶法の改良に取り組み、明治初年に抹茶用の葉茶から良質の煎茶を作ることを考案し「玉露」と名付け、その製法を完成させた。のち販路拡大と生産増加にも努め、玉露は広く一般にも普及し、宇治の茶業を再興させた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android