辻村 みちよ(読み)ツジムラ ミチヨ

20世紀日本人名事典「辻村 みちよ」の解説

辻村 みちよ
ツジムラ ミチヨ

大正・昭和期の食品化学者 お茶の水女子大学名誉教授。



生年
明治21(1888)年9月17日

没年
昭和44(1969)年6月1日

出生地
埼玉県

学歴〔年〕
東京女子高等師範学校理科〔大正2年〕

学位〔年〕
農学博士〔昭和7年〕

主な受賞名〔年〕
日本農学賞〔昭和31年〕

経歴
大正2年埼玉女子師範学校教諭となるが、9年退職し、北大東大理化学研究所などで緑茶の化学成分に関する研究に従事。昭和24年お茶の水女子大教授となり、家政学部長もつとめた。30年退官、実践女子大教授に就任。のち名誉教授。緑茶の成分、とくにタンニンの種類、構造に関して多くの研究業績があり、日本初の女性農学博士。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android