迎え湯(読み)むかえゆ

大辞林 第三版の解説

むかえゆ【迎え湯】

産湯うぶゆをつかわせること。また、その世話をする人。 「東宮の若宮の御-に参り給ひし内侍のすけ/宇津保 蔵開上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる