コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近代化遺産 きんだいかいさん

2件 の用語解説(近代化遺産の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きんだいかいさん【近代化遺産】

重要文化財のうち、江戸末期から第二次大戦終了時までに、近代的な手法でつくられた建造物や工作物。産業・交通・土木遺産の三種がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

近代化遺産

幕末から第2次大戦の終わりまでに近代的手法で建造された産業・土木・交通にかかわる文化財を指す。福山さんは郵便局や民家など、人々の生活の中に溶け込んだ建物も、広い意味での近代化遺産ととらえ、描いている。

(2007-11-10 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近代化遺産の関連キーワード一巻の終わり期末暮れジエンド終始終止符ピンからキリまで末文ことの終わりJPY

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

近代化遺産の関連情報