コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近接場光メモリー きんせつばひかりめもりー near‐field optical memory

1件 の用語解説(近接場光メモリーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

近接場光メモリー

メモリー密度が1平方インチ当たり1テラビツトを達成するため、期待されている光メモリーの方式。従来の光学顕微鏡では、光の波長で決まる分解能が存在する。その問題を乗り越えるものとして期待されているのが近接場光光ファイバーなどの先端を10〜50nmまで尖らせ、観測したい対象の表面に1nm以下まで近づける。近接場という光の漏れを用いるため波長に制限されない分解能が得られ、超大容量メモリーの実現を可能にする。技術的な課題は多いが、期待される技術。もう1つの方式として、ボリュームホログラムが検討されている。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近接場光メモリーの関連キーワードECCメモリーメインメモリー主メモリーbit per inchマイクロSDメモリーカードメモリー空間メモリーリワインドエネルギー密度カロリー密度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone