コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近松徳三(近松徳叟) ちかまつとくそう

1件 の用語解説(近松徳三(近松徳叟)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちかまつとくそう【近松徳三(近松徳叟)】

1751‐1810(宝暦1‐文化7)
歌舞伎作者。俳名雅亮。初め浄瑠璃作者近松半二に入門,その後歌舞伎に転ずる。最初徳蔵と名のり,1784年(天明4)に徳叟と改め,86年11月大西芝居で立作者となる。95年(寛政7)徳三と改名,その翌年角(かど)の芝居の《伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)》で名声をあげ,並木五瓶東下後の京坂で,辰岡万作とともに没年まで活躍した。その作は60余編あり,読本の翻案を手掛けた最初の人。【土田 衛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の近松徳三(近松徳叟)の言及

【伊勢音頭恋寝刃】より

…4幕7場。近松徳三作。1796年(寛政8)7月大坂藤川八蔵座(角の芝居)初演。…

【猿曳門出諷】より

…世話物。近松徳三作。2幕。…

【生写朝顔話】より

…5段。文化年間(1804‐18)に,山田案山子(近松徳三の別号)が,講釈師司馬芝叟(しばしばそう)の長話《蕣(あさがお)》をもとに竹本重太夫のために書いた浄瑠璃は,上演されずに終わった。1811年(文化8)に雨香園柳浪の挿絵入りの10編の読本《朝顔日記》が成立し,広く読み親しまれたので,その後大坂堀江市の側芝居で《生写蕣日記》と題し歌舞伎化した。…

【柳沢騒動物】より

…歌舞伎の一系統。柳沢騒動を材料にした作品群をいう。柳沢吉保は,小身者から将軍徳川綱吉の寵愛(ちようあい)を得て大大名に出世したが,実録本の《護国女太平記》は吉保を野望をもつ悪人として描き,講釈ではお家騒動風に脚色して語られた。歌舞伎の作品はこれらを材料にして作られた。最初は1793年(寛政5)1月大坂中の芝居の辰岡万作・近松徳叟作の《けいせい楊柳桜(やなぎさくら)》で,柳沢騒動に淀屋辰五郎の話を配している。…

※「近松徳三(近松徳叟)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

近松徳三(近松徳叟)の関連キーワード少々道頼上方狂言宝暦迫り今泉恒丸快道瀬川菊之丞(3代)藤井樗亭松平直恒芳沢あやめ(5代)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone