コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江・淡海 おうみ

大辞林 第三版の解説

おうみ【近江・淡海】

〔「あわうみ(淡海)」の転。淡水のうみの意〕
◇ 旧国名の一。滋賀県に相当。江州ごうしゆう
淡水湖。特に、琵琶湖。 「新治にいばりの鳥羽の-も秋風に白波立ちぬ/万葉集 1757」 〔「近江」の表記は、「近つ淡海」の意で、浜名湖の「遠淡海とおつおうみ」に対して用いた〕
[句項目] 近江泥棒伊勢乞食

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

近江・淡海の関連キーワード遠淡海

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android