近目・近眼(読み)ちかめ

精選版 日本国語大辞典「近目・近眼」の解説

ちか‐め【近目・近眼】

〘名〙
① 近くのものは見えるが、遠方のものが普通の人よりよく見えない。また、その人。近視眼近視きんがん。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※俳諧・鷹筑波(1638)一「塩かまの花をのぞくはちか目哉」
目先のことしかわからないこと。考え方の狭いこと。また、その人。浅見。近視眼。
阿部一族(1913)〈森鴎外〉「目の先ばかり見える近眼(チカメ)共を相手にするな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android