近藤 広吉(読み)コンドウ ヒロキチ

20世紀日本人名事典の解説

近藤 広吉
コンドウ ヒロキチ

昭和期の実業家 近藤マーケット創業者。



生年
明治35(1902)年3月7日

没年
昭和50(1975)年8月15日

出生地
千葉県海上郡飯岡町

経歴
14歳で上京、砂糖問屋の小僧、ばくち場の見張り番など職を転々、大正14年独立して自動車修理業を開業。戦争中は中島飛行機の下請けをした。昭和20年の敗戦とともに、工場設備を売り払い、イワシなど生鮮食料品を現地に飛んで買いつけ、旧工場跡地(現・アメ屋横丁)で近藤マーケットを開く。故郷の飯岡からさつまいもを仕入れ、いもあめを作って売り出し、たちまち戦災者、復員軍人、引揚者が職を求めて集まった。やがて占領軍物資が出始め、アメ横と呼ばれ、物資不足とインフレに悩む都民のオアシスとなる。生鮮食料品と輸入品を中心に約400軒の商店がひしめく今日のアメ横の功労者で、アメ横の王様と呼ばれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android